歌が上手くなる方法まとめ!

友達と!合コンで!会社の飲み会で!人生の中で人前で歌う機会って意外と多いのかも。

カラオケ好きな人もそうじゃない人も、いざ歌ってみて音痴で恥かくのは嫌ですよね…。

このページでは、カラオケ・歌がちょっとうまくなるコツを紹介します!

とは言っても本当に初歩的でカンタンなことばかりなので、プロを目指しているような方にはおそらく物足りなさすぎると思います!

あくまで、「今より少しだけ自信がつく」「周りの人と一緒に盛り上がれるレベル」を目指すべく、ポイントをまとめました。

難しい専門用語はナシ!これでカラオケがちょっと楽しみになるかも♪

自分の声質にあっている歌を見つけよう!

画像出典:育毛サプリ女性おすすめランキングのサイト

自分の声とかけ離れた曲では、上達も遠回りになってしまいます。

まずは「歌いやすい歌」を見つけましょう!

①大きく息を吸い込んでから、細く長く息を吐く。
②その途中で自然に声を乗せてみる。「はぁ~」とか「あ~」とか言う感じ。

それがあなたの声の基本の高さです。

サビの部分の高さが、あなたの基本の声の高さに近い歌は歌いやすいですよ!

一番良いのは、録音して聞いてみることです。

まずは家で練習。家事しながら、運転しながらやってみよう!

引用元デュタスからデュプロストに変えました|僕の薄毛改善マニュアル

家や車の中など、密室だったらカラオケじゃなくてもそこそこ練習できますよね。

でも、あんまり大声で熱唱するのは近所迷惑かも…。

そんなときにピッタリな練習方法を紹介します!

大きい声で歌わず、あえて『小声で』口ずさむ

 

え?そんなこと?って思うかもしれませんが、コレが結構大事。

ポイントは

  1. 小声でも、ちゃんと聞こえるように
  2. 音がかすれたり、言葉がボソボソとどもってしまわないように
  3. 原曲を小さな音で聞きながら、リズムがズレないように

この3つ。

③については、できればイヤホンを片方だけして実践するのがオススメです!

両耳にイヤホンをすると自分の声がかき消されて、ちゃんと歌えてるのか歌えてないのか冷静に判断できなくなるからです。

歌がうまい人って、おそらくヒマさえあれば自然に好きな歌を口ずさんでいるはず。

無意識に「小声で歌う」をずっと練習してきたから上手になるんですね。

しっかり耳で聞いて、音の高さ・リズム・歌詞のテンポを原曲にあわせていくと良いですよ。

RAP調な歌詞・早口な歌がうまくなりたいなら

これも基本的には一緒ですが、しっかりマスターするなら原曲を聞きこんで

「歌手がどこで息継ぎをしているか?」を見つけましょう。

あとはもちろん、歌詞があやふやなままでは練習にもならないので、歌詞カードを見ながら歌を追って行くことも大切。(運転中はダメですよ!)

「歌詞も覚えてるし息継ぎのタイミングも完璧なのに、どうしても原曲が早口すぎて噛む!」のなら、早口のトレーニングが必要です!

ベタですが、歌う前に早口言葉をやってみるのも良いかも。

有名だけどやってみると難しい!早口言葉を少し集めてみました。

  • レベル①東京特許許可局局長(とうきょう とっきょ きょかきょく きょくちょう)
  • レベル②青巻紙赤巻紙黄巻紙(あおまきがみ あかまきがみ きまきがみ)
  • レベル③この竹垣に 竹立てかけたのは 竹立てかけたかったから 竹立てかけた

出来ましたか?まずはゆっくりから挑戦してみましょう。

アカペラで歌って録音してみる

わかります、面倒なのは(笑)

でもこれをやるかやらないかで、上手くなるかならないかが決まると言っても過言ではありません。

アカペラで歌ったものと原曲を交互に聴き比べて、自分のクセや音程のズレなどを見つけます。

間違いに気づけるということは、それだけ上手くなるチャンスが増えたということ!

自分の声を聞くならまだしも、歌を聴くのは少し恥ずかしい気もあるかもしれませんが、自分に酔わずに客観的に聞いてみることが大切です。

一人カラオケで練習の成果を思い切り出してみよう!

お家で好きな歌を口ずさみながら練習してると、きっと「もっと大きな声で思いっきり歌いたい!」と思うはず。

おうち練習が物足りなくなってきたら、ぜひヒトカラ(ヒトカラ)へ行ってみてください!

「え…一人でカラオケなんて恥ずかしい…店員さんに『何名様ですか?』って言われたときに『一人です』って言うのめちゃめちゃ勇気いるやん!」

その気持ち、ヒトカラあるあるです(笑)

が、今どきは「ヒトカラ専門店」もあるくらい、個人の趣味として浸透してきています。

そこはしれっと「一人ですけど何か?」くらいの心構えで堂々と入店しちゃいましょう。

サラリーマンの方も結構、昼休憩をヒトカラで過ごす(カラオケの軽食をお昼ご飯に)とか多いみたいですよ。

さぁ、ではここからは「ヒトカラに行ったらやるべきこと」を紹介します。

リップロールを1曲分やってから歌おう

リップロール?なんじゃそりゃ?と思うかもしれませんが、だれでも一度はやったことあるはず。

「唇を軽く閉じた状態で息を吐き、唇を高速で震わせて音を出す」

う~ん、文章で表現するのが非常に難しいんですけども、(苦笑)

なにか、大会で優勝者の発表をする時

「優勝は…(ドゥルルルルルルルルル…ドン!)〇〇チーム!!!」

みたいに『ドラムロール』が流れますよね?

あの「ドゥルルルルルルルルル…」を唇でやるのがリップロール。

そのリップロールを、なんの曲でも良いので1曲分、ひたすらリップロールだけで歌ってみてください。

顔全体の筋肉がほぐれるとても良い準備運動になるので、そのあと歌うのがすごく楽になります。

なかなか他の人が一緒にいるときでは出来ないと思うので、ヒトカラの時にぜひ試してみて!

常温の水を持参しておこう

だいたいどこのカラオケ店でもドリンクバーがあったり、1ドリンク注文制だったりしますが、意外と『水』って置いてないんですよ…。

カラオケでずっと歌うので、もちろん喉は乾きます。

その時、一番喉に優しくて最速で潤してくれるのってやっぱり水なんですよね。

お水忘れちゃったときはオレンジジュースだったらまだ無難かも。柑橘は喉に良いって聞くし。

コーヒーはあんまり飲みすぎるとトイレに行きたくなっちゃうし、烏龍茶は余計に喉が乾いてしまうし、炭酸はチクチクして声を出しにくくなるので(人によると思いますが)

せっかく飲み放題のドリンクバーでテンション上がるところではありますが…そこはできるだけ水で!

で、重要なのが『常温』ってとこです。冷えた水では喉が乾燥しやすくなってしまいます。

常温の水をちびちび飲んで喉を潤しながら、ヒトカラを楽しんでください♪

遠くを見るように歌う

ヒトカラだと、少人数用の狭い部屋に通されがち…。(当たり前なんですが)

歌うときの姿勢って大事で、顔を上げて遠くを見るように歌うことで、自然と首の角度が「声の出やすい角度」になります。

より広がる、伸びのある声を出すには「山の頂上で『ヤッホー』を叫ぶときの姿勢」が最適です。

歌詞表示のモニターもどうしても近い距離にあるので、視野が狭くなってしまい、遠くを見るのがなかなか難しいかもしれませんが、山の上に立っているような気分で歌ってみましょう。

あ、そうそう。危うく軽くスルーするところでしたが、のびのび歌いたいなら「立って歌う」は鉄則ですよ!

冷静に歌う

ヒトカラだと周りの視線も気にならないので、ついアツくなって感情を込めて歌ってしまいますよね。

もちろん、自分一人の時間を楽しむものでもあるので、そういう使い方も全然OK!

でも、他人とカラオケに行くことを想定して練習をしに来たのなら、ちょっと落ち着いて、冷静になって。お水を一口飲んで。

「心を込めずに」歌ってみましょう。

いやいや、歌はココロだろうが!と言いたい気持ちもわかります。

でもココロを込めて歌い始めるとつい力んでしまうし、息も足りなくなってしまうんです。(RAPなんか特にそう)

あまり感情移入せず、冷静に歌う事によって
①息づかいが安定する(=音程が外れにくい)
②歌詞を外してもすぐに戻ってこれる
③体の緊張がほぐれ横隔膜が広がるのでたくさん息を吸い込むことができる

なんか後半難しそうなこと言いましたが、要は肺活量=空気のストック量が増えるということです。

身体的にも良いことづくしですが、この「冷静に歌う」をマスターすると大人数でカラオケ行ったときもめっちゃ役に立ちます。

自分が歌ってる間も周りの様子がよく見えるので
「あ、あの人ドリンク無くなったから歌い終わったら聞いてあげよう」なんて次の手を考えたり、「そろそろ3時間経つから延長するかどうか皆に聞かなきゃな~」とか考えたり。

冷静になることで歌も上手くなって周りとの関係も良くなるなら、別に心込めて歌わなくてもOKでしょ。笑

のどに違和感を感じたらすぐに帰りましょう

当たり前の事過ぎるんですが、気合い入れてヒトカラ来るとほとんどの人がやってしまう過ちです。

ノッてくると楽しいし、結構一人でも数時間とか居れちゃうんですよね…。

それこそ、常日頃から鍛えられているプロの方なら何時間でも喉を使えるんでしょうけど、素人がいきなりフルマラソン走っちゃいけないのと同じです。

というかプロでも喉に違和感あったら練習中止します。

一度痛めると回復するのに時間を要しますし、使いすぎて乾燥した喉がきっかけで風邪なんてひいてしまった日にはしばらく歌えなくなってしまいます…。

楽しくてハイになってしまっても、それこそ冷静に。無理はせず、ヒトカラを楽しんでくださいね!

人に驚かれる歌声になりたい!もっともっと上手くなりたい!

ここまで紹介したことを実践すれば、自力でもけっこう上手くなれるとは思いますが

「コンテストに出たい!」「そこそこ歌うまな友人と圧倒的に差をつけたい」「もっと上を目指したい!」

という上昇志向の方は、もうプロの教えを受けてください!

YouTubeなどで「正しい発声練習」などの正解は探しやすい時代になりましたが、「あなたに合った声の出し方」を指導してもらうには、やはりボイストレーニングに通って、プロのコーチの1対1のレッスンを受けるのが一番です。

講師の実力もさながら、無料体験が受けられるボイトレ教室で定評があるのは「シアーミュージック」。

全国展開なので、もし通いやすいところに住んでいる方なら行ってみてはいかがでしょうか?

→シアーミュージック

まとめ

今日からでも気軽にできる「歌がうまくなる方法」いろいろと紹介してきました。

参考になるものが一つでもあれば幸いです!

合コン後のカラオケが、会社の忘年会のカラオケが、友達同士で行く放課後のカラオケが、より楽しい思い出になりますように!

記事の参考元:DHCボリュームトップの口コミをつむじ研究女が辛口チェック!

タイトルとURLをコピーしました